京都で看板出すときは条例に反しない用意が必要

京都は大都会の1つであると同時に、世界でも名の知られる古都としての観光都市でもあります。そしてここでは昔から目立ちすぎることを抑制するための数々の条例が施行されています。ビルの高さ制限もさることながら看板も目立ちすぎないように2014年9月1日から改正屋外広告物条例が完全施行され、屋外広告業の登録をしている業者以外は屋外広告物の表示と設置をすることは出来なくなっています。さらに登録業者でも屋外に看板出すときは条例に反しない基準を満たす必要が生じました。そのため全国チェーン店のおなじみのデザインのそれもよく見ると微妙に色彩が異なっていたりなどします。そのため市内でお店を出して営業したい場合はこの条例に引っかからないように注意しなければなりません。とはいってもシロウトではどこまでがダイジョウブでどこからがNGかなどはその判断に苦しみます。ですが京都市内に関わる専門の業者に依頼などすれば市内でNGにならないためのデザインを提案して作って設置してくれるなどしてくれる場合があります。

国際観光都市にふさわしい京都の看板

京都は、全世界各国から観光客が訪れる国際観光都市でもあります。寺社、仏閣など古都の歴史漂う風光明媚な景色を楽しむことが出来ます。街並みの景観を損ねないように条例が定められており、看板などの広告物を出すのも一定の基準が定められています。看板と言えば、スーパーやデパート、商業施設などの集客の為の営業的な手段には、欠かせません。街中を見渡せば、ビルの屋上や壁などのいたるところに看板が設置されてあります。しかし、京都では、日本の全国の中でもとりわけ広告物の設置や掲載には、厳しいです。そのお蔭で、古くからの歴史を固く守り続けて来れたのでしょう。あまりに賑やかで派手な物は、条例によって排除されるので、お店の営業も目先の儲けや利益ばかりに気を取られ過ぎると、街並みにそぐわない景観になってしまうので注意が必要です。

京都で看板出すときは専門業者に依頼でトラブル回避

京都で商売するということは他の地域に比べて大変難しい問題を抱えることになります。その最大の原因は景観条例に関わる問題だからです。京都の観光地以外の街中を何気なく眺めていても気が付きにくいかもしれませんが、お店の存在感をまっさきに出している看板が他の地域に比べて微妙ではありますが、控えめな色彩となっています。例えば他の地域では背景が赤やオレンジで文字が白だったりするところ、京都では逆に背景が白で文字が赤やオレンジだったり、青や緑にしても薄めにできていたりなどです。さらに掲げる高さも控えめにする必要も生じます。これらの微妙な違いはもちろん屋外広告に関する条例に引っかからないようにするためです。これらの微妙な違いを実現させるためには独断で実行よりも京都市内で活動している専門業者に依頼することがトラブル回避の大きな近道となります。依頼したことでそれまで気が付かなかったいろんなことを教えてくれたりするからです。