京都の看板の良さについて

京都の看板は主に和を中心に作られています。京都は歴史的建築物が多いので、お店のイメージも和風にしているところが多いです。なのでお店のイメージを名前でも表します。名前は主に漢字が使われており、その感じの良さを引き立てるために京都の看板は派手な色を使わず黒い文字に合うように白を基調としたデザインで売り出されています。その他にも障子を柄として採用したものや文字を筆で書いたのかのように流動感溢れる字にしたりといろいろな工夫が施されています。また今ではちょうちんのようなデザインがされており、夜でも明かりがつくとさらにきれいに演出されます。そしてこれらのほとんどが縦に置かれているものなので、街路は明るく照らされており、安心して夜でも歩くことができます。このように和のデザインが豊富でとても見ている人を楽しませることができます。これが京都の看板の良さです。

景観条例に合わせた京都の看板

京都では古都の風情を失わない、損ねないために看板に基準を設けています。大きすぎるものや色合いが鮮やかなものは景観条例に違反する恐れがあるので、控えめなトーンの色を使用する企業が多くなっています。特に赤を使用することは禁止しているので、京都にある店舗だけ、同じ赤でもダーク系に置き換えている企業も目立ちます。罰金などの指定はないものの、勧告や景観条例に従わないことを公表するケースもあるため、条例に即した看板が求められます。自然や歴史・文化の継承を重んじた街づくりをすることが重要視されているので、看板を作るにもその土地の特色やルールに従って作る必要があります。新たに注文する場合は、景観条例を把握している業者を選ぶと後でトラブルになることはありません。大きさや色合い、そして価格などを比較して注文しましょう。

京都の街の看板について

ここ最近、京都の看板屋さんが大忙しだそうです。京都は国際的にも有名な日本の観光地のひとつですが、ここ数年で外国人観光客の数がとても増え、一元さんお断りで有名な祇園などのお茶屋街などでも、街の観光として多くの外国人が訪れていると言います。けれど文化の違いのせいで、街の外観が汚され、残念な結果に至っていると言います。外国人向けに、誰でも観ただけで伝えたいメッセージが伝わる注意書きの看板を立て、マナーの改善と促進を促していますが、なかなかこちらの意志が伝わらない上に、京都の街の美観を損ねているのではないかと言う見方もあり、様々な物議を醸し出していると言います。たまたまこの事がメディアに上がって来ていましたが、そういう関係からも京都での看板屋さんの需要が増えているみたいです。美観を損ねない和テイストのシックなデザインで作成されています。