京都市の看板条例は相当厳しいものになっています

京都、世界一の観光都市と言われるようになりました。今では、街の中が多くの外国人観光客で溢れるようになっています。清水寺への三年坂など、歩くにも大変なほど、観光客が多い時もあり、人の渋滞で困ると言う意見も出るまでになりました。そんな京都市、看板に対する条例も、非常に厳しいものになっています。この条例も、世界で一番厳しいのではないかと言われるものになっています。それが、京都市屋外広告物等に関する条例です。市内の各地域、各地区に分け、設置方法から看板の大きさから色、更には照明までと細かな基準が定められています。更には、京都市の条例から、看板が許可制になっていることです。また指導が厳しいことも有名です。悪質な業者には、行政代執行もいとわない覚悟で指導を行なっています。そんなことから、観光客は余計なサインを見ることなく、観光を楽しむことが出来ています。

京都市内の看板等への規制

2014年9月から、京都では景観を守るため全国で最も厳しいとされる条例が施行されました。市内全域で屋上広告や点滅式の照明等が禁止され、21地域に分けられた規制地域毎に看板等の大きさや色等が規定されています。勿論、全国的な企業のカラーであっても例外でなく、コンビニやファミレス等の市内の店舗では規制に従った外観になっています。市の中心部では、施行までに景観に合ったシンプルな外観へ改修する所が増え、観光客からは高評価でした。道路に突き出た看板等が無くなって見晴らしが良くなったという意見もあります。しかし、施行直前になっても撤去の資金不足等から違反状態になったままの所も多く残っていました。また、条例の規制対象が「屋外広告」だったため、派手な広告をガラス張りの屋内に設置するという規制の盲点を突いた店舗も登場しています。

看板の出し方まで条例で制限されている古都京都

京都の魅力は、昔ながらの町家風景が残っている点にあります。こうした文化的な風景を観光資源にしようと、京都市には、他の地域にはないさまざまな条例が作られています。看板の大きさや色使い、設置していい場所とそうでない場所も条例によって厳しく制限がされています。大きくて派手な看板は、場所によっては設置することができないのが特徴的です。四条通沿いなどには昔は多くの看板が出ていたのですが、これらは条例ができてからほぼすべて撤去されました。そのおかげで、ビルに何という会社が入っているのか分からなくなりましたが、観光客には非常に好評です。ごちゃごちゃした飾りがなくなることですっきりして、歩道も歩きやすくなったと評価が高いです。ビルの高さ制限があったりして、他にはない条例が目白押しなのが古都の特徴の一つです。